• ホーム
  • 梅毒に感染した時にみられる症状

梅毒に感染した時にみられる症状

梅毒はそう毒ともいわれる病気で感染する人が増えています。
昔は治らない病として恐れられていましたが、現在では治療薬があるので早めの治療で治るようになりました。
梅毒に感染すると何年もかかって体内に病原体が広がっていき心臓、脳、血管などが病におかされます。
そのまま放っておくと精神錯乱状態、心不全などを引き起こし死に至ります。

梅毒の症状は4段階あります。
感染後3週間から3ヶ月の第1期には、口唇部、口腔内、陰部に痛みを伴わない塊が症状としてあらわれます。
この塊は比較的早く消えるので本人も気にしないこともあります。
また股の付け根のリンパ節の腫れがあります。
感染後3ヶ月から3年の第2期には、全身にあるリンパ節の腫れ、倦怠感、発熱などの症状があり、梅毒特有のバラのような発疹があらわれます。
この発疹は手足の裏から体全体に広がり、治療しないと病原体は体内に残ります。
感染後3年から10年の第3期には、皮膚や骨などにゴム腫といわれる腫瘍が症状としてあらわれます。
感染後の10年以降には、様々な臓器に腫瘍ができて神経、脊髄、脳がおかされ死亡します。

抗生物質という治療薬がある現在では、死に至るまでの梅毒患者は希といわれています。
梅毒になる原因は主に性行為やオーラルセックスで、特に多いのが男性同士による性行為といわれています。
口や生殖器、肛門から病原体が体内へ侵入して血液内に入り込みます。
この他にも母子感染があり、生まれてきた子どもは先天梅毒になります。
また、輸血や血液製剤も移る原因になりますが、検査がなされるため比較的リスクは低いといわれています。
日常の生活においての食器やお風呂、トイレの共有によっては感染することはないといわれています。

関連記事