HIV(エイズ)の感染経路

考えている男性

HIV(エイズ)の感染経路についてお話します。
日本では患者数も増えており問題になっていますけど、どこから感染するかと言いますと主に、血液、性行為、母乳になってきます。

まず、血液ですけどHIVウイルスは血液に多く潜んでいます。
つまり感染している人の血液に触れたりしてそれが自分の体内に入ってしまいますと感染のリスクが上がってきます。
ですので、感染者の人が出血した場合は素手で触るのではなくてできれば手袋を着用して治療してあげる事が必要です。
また、感染者の血液を輸血してしまう事によって輸血された人も感染してしまう可能性が高くなってきます。
今は輸血による規制も強化されていますのでほとんど輸血による感染は少ないですけど、完全になくなったわけではないです。

次に性行為があります。
感染している人と性行為する事によって感染のリスクがあります。
特にコンドームを使用しないでの性行為は感染のリスクが高いですのでコンドームを使用して性行為をしていきます。

最後に母乳です。
もし母親が感染していてその母乳を子供が飲むと子供が感染してしまうリスクがあります。

以上が感染経路になってきます。
感染経路はほぼ決まっていますので予防がしやすいです。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索